キャンディ

キャンディはスリランカの古都として親しまれています。山々に囲まれたキャンディの景観は美しく、今は滅んでしまったシンハラ王朝の栄華を偲ぶことが出来ます。

仏歯寺
仏陀の歯を納めたキャンディに仏歯寺はスリランカでも最も重要な仏教の寺です。

象の孤児院、ピンナワラ
象の孤児院では親とはぐれてしなった野生の小象を保護し、育てています。ピンナワラは、ピンナワラの象の孤児院は世界で最も多くの小象の保護、養育を行っています。ピンナワラはキャンディに向かうキャンディ道路沿いにあります。

ロイヤルボタニカルガーデン、ペラデニヤ
ボタニカルガーデンには4000種もの植物が広い敷地に自生しており、色鮮やかな美しい花々を楽しむことが出来ます。

キャンディから(車で)3.5時間

 

国立公園

ブンダラ国立公園
(ブンダラ国立公園は)スリランカでも最も眺望の素晴らしい公園で、低木が生い茂り、海岸線の砂丘まで広がっています。鳥の楽園であり、ブンダラ国立公園は渡り鳥が冬場を過ごす世界的には重要な地となっています

(ホテルから車で)3時間15分

ウダワラエ国立公園
スリランカの他の国立公園に比べて圧倒的に象に出会う確率が高いでしょう。それというのもアジアで最も象の単位面積あたりの生育個体数の多いエリアだからです。ウダワラエ国立公園は景観明媚なウダワラエ保存地区のほぼ中心に位置しています。

(ホテルから車で)3時間

ヤーラ国立公園
ヤーラ国立公園はスリランカで最もサファリツアーの参加者が多いサファリ公園で、美しい海岸線に公園が広がっています。また、ヤーラ国立公園は、レパードの単位面積あたりの生育個体数が世界で最も多い動物保護区の1つであり、象と出会える頻度も高いことで有名です。

(ホテルから車で)3時間30分

 

ヌワラエリア

ヌワラエリアはスリランカの2000m級の山に囲まれた高原にあり、標高は1000mを超え、そのため気温も低く、早朝は、しばしば霧に包まれることがあります。紅茶の産地としても有名で、美しい茶畑の広がる緑を楽しむことが出来ます。イギリス植民地時代に避暑地として開発された、この地はアジア最古のゴルフ場や英国風の可愛らしい家並みがあります。

 

ラトゥナプラ

‘宝石の町’として知られるラトゥナプラは昔から沢山の宝石を産出してきました。高地に位置し、(コロンボに比べて)涼しく過ごしやすいでしょう。この地を訪れたならエレポラ美術館や宝石博物館を訪ねてみてください。宝石の町の歴史や文化に触れる散策がお勧めです。

 

Kataragamaは

仏教、ヒンズー教、イスラム教の聖地で巡礼者が後を絶つことがありません。様々な文化が入り混じった、宗教の十字路は人々の往来でいつも活気に満ちています。